前へ
次へ

中国語における発音の学習はどう行うか

世界で最も話されている言語と言えば英語のように感じますが、実際は中国語のようです。
中国には多くの人がいるためでしょう。
厳密にいえば中国語にも種類があるため中国語をマスターしたからと言って中国全土でコミュニケーションが取れるわけではないですが、基本を押さえておけば何とか相手に意思を伝えられるでしょう。
意思を伝えるためにはこちらから話をしなければいけないので、学習においては発音をどうするかを考えなくてはいけません。
日本においては言葉のすべてが50音であらわされています。
英語のアルファベットよりも多くて日本語を学習しようとする外国人は苦労すると言われます。
ただ中国語はそれよりも音が多いとされ、まずはそれを覚えて違いを知る必要がありそうです。
日本語にはない音もあるので、文字であらわすと同じでも発し方が異なることもあります。
発音の違いを知るにはとにかく聞いてそれを暗唱すると良いでしょう。
それにより音の違いがわかり身に着けやすくなります。

Page Top