前へ
次へ

中国語の学習では歌を歌ってみる

外国人が日本語を話すときは片言のように聞こえます。
あまり流ちょうに話せる人はいないかもしれません。
一方外国人が日本語の歌を歌うときがありますが、その時は日本人が歌っているように流ちょうに聞こえます。
単に日本語を発しているときはその人の母国語の発音の仕方が残ってしまうので流ちょうにならないのでしょうが、歌になるとメロディーに乗せることができるので母国語の発音が消え流ちょうに聞こえるのかもしれません。
中国語の学習では発音が重要で、複雑で種類の多い発音方法を学んでいく必要があります。
日本人だと中国語を話そうとしても日本語の発音が残ってしまいなかなか伝わらないときもあります。
そこで学習においては中国の歌を取り入れてみましょう。
歌には簡単なものから難しいものまであるのでまずは簡単なものから取り入れてみます。
それを聞いたまま歌えるようになれば徐々に難しい歌にも挑戦してみましょう。
歌いながら発音方法を身に着けられるでしょう。

Page Top